心室中隔欠損症の症状や原因、治療法について

飼い主が気付きにくい病気の中には心疾患もあります。

心室中隔欠損症という病気は先天性心疾患で、比較的症例が多い病気です。この病気は心臓の左心室と右心室の間にある心室中隔という壁に穴が空いてまっている状態の病気です。

母犬のお腹の中にいる間は、この壁つまり心室中隔に穴が開いているのが普通で、お腹の中での成長と生まれて成犬になるまでの間に自然にこの穴が閉じていきます。
しかし心室中隔欠損症は、この穴が自然に閉じずにそのままになってしまう状態です。
穴が小さい場合には症状が見られないこともあり、心室中隔に穴は空いているけれども飼い主が気づきにくい要因の一つです。

症状がでるかどうかの目安は、空いた穴の面積が心室中隔の上にある大動脈弁の面積の40%以上で、それよりも小さい穴であれば症状が出にくいとされています。
この病気は早期発見と早期治療ができれば、健康な犬と変わらない寿命を過ごすことができるため、症状がみられたらすぐに処置をすることが大切です。

【症状】

症状は欠損穴が大きい場合に見られる。成犬も注意が必要

心臓の壁に穴が空いている状態のため、血流に異常が生じています。
右心室には右心室のポンプがあり、左心室には左心室のポンプがあります。穴が小さいうちはさほど影響はないので症状が見られませんが、穴が大きくなればなるほど血流に異常がでるため、症状が表に出てくるのです。

例えば、運動するとすぐに疲れてしまう様子や呼吸困難やチアノーゼ、元気がないなどの様子が見られます。
生後小さいうちに穴が大きくなっている時には、発育不良も見られます。生後6ヶ月ほどから症状が出始め、その後も発育障害がみられるケースが多い病気です。

成犬になってから症状が表れることもあり、体格的に発育が終わったように思えても心臓に負担がかかり穴が大きくなっていくこともあります。そのため、呼吸困難やチアノーゼといった症状が出てきた場合には、受診が必要になります。
特にチアノーゼの状態は、心臓にかなりの負担がかかっている状態なので、その他の症状が見られなくても受診すると安心です。

【原因】

心室中隔の先天性疾患。遺伝的要素もある

この病気は、心臓の中の「中隔」という左右を隔てる組織が、胎児期や出生後に十分発達せず、穴が閉じないままになっている病気です。

先天的な病気なため原因は特定できていません。また遺伝的な要素もあるため、両親のどちらかがこの病気を持っている場合は、子犬も先天的に持って生まれてくる可能性があります。症状が表に出てくる原因は、本来は右と左で独立している血流が左から右へと血液が流れ込んでしまうからです。穴が大きいほど症状がでてきます。

【薬・治療】

症状により異なる治療。経過観察も大切な治療

穴が小さい場合には症状が表に出ないため、特別な治療は必要ありません。しかし、今後穴が大きくなる可能性は十分にあるため、経過観察を怠らないようにします。すでに症状が見られる場合には、外科手術によって穴塞ぐ処置をします。心不全の症状が見られる時には、血管拡張剤や強心剤、利尿剤の投与などの内科的な治療を行います。

内科的治療は進行を抑えるためのもので、完治させることは難しいのが現状です。この病気は早期発見と早期治療が鍵となります。経過観察を怠らないことが早期治療に繋がる大切な治療言えるでしょう。

【予防策】

先天的な病気の予防はないが、早期発見が以降のカギとなる

先天性疾患の全てに言えることですが、生まれつきのものは予防することができません。
早期発見と早期治療により、空いている穴を早いうちに塞いでしまえば、それ以降は健康な犬と変わらない寿命を送ることができます。

両親のどちらかがこの病気を持っている場合には、経過観察とともに日頃の運動を調整して、心臓にあまり負担をかけないようにすることが必要です。散歩の量を減らしたり、長時間の運動などは心臓に負担がかかるため、小さい穴が大きくなる可能性もあります。なるべく無理のない生活を送れるようにしてあげましょう。

「心室中隔欠損症」になりやすい犬種

  • 柴犬
  • 秋田犬
  • イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
  • ブルドック
  • バセットハウンド