心筋症の症状や原因、治療法について

犬の心筋症は、心臓を構成している筋肉「心筋」が正常に動かなくなることで、血液ガス前身に十分には行き渡らなくなる心臓の病気です。

心筋症は更に細かく分けられるため、犬の心疾患の総称とも言えます。心筋症は特発性心筋症と続発性心筋症の2種類に分けられます。さらに特発性心筋症は「拡張型」「肥大型」「拘束型」に分けられ、犬に多く見られる一般的な心筋症は「拡張型心筋症」と言われています。続発性の心筋症は何らかの基礎疾患によって二次的に生じる心疾患でしが、特発性心筋症は遺伝性疾患で知られており、原因が不明です。名前の通り「特発的に」発症します。加齢とともに発症しやすくなりますが、若年犬でも発症することがあります。この病気の怖いところは発見段階ですでに手遅れ状態となるケースが多いということです。発症後完治することはなく、進行性の病気のため継続的な治療が必要です。また、突然死の恐れのある病気のため、早期発見と治療がとても大切です。犬に多く見られる「特発性拡張型心筋症」にスポットを当てていきます。

【症状】

症状が出た段階ですでに病気がかなり進行している状態

この病気の怖いところは、発症の初期段階では症状があまり出ないというところです。つまり、発症していても目に見える症状がないために発見が遅れるケースが多い病気です。この病気の主な症状として、咳が出る・息が荒くなる・呼吸困難・元気がない・不整脈・お腹が膨れてくるといったものがあります。特に不整脈が出てくると元気がない日が続いたり、失神することもあります。お腹が膨れるのは腹水とがたまっている状態です。不整脈もく腹水も、病気が重くなってきたために現れる症状で、すぐに病院受診が必要です。
【原因】

特発性は原因不明。遺伝性もあるため両親の病歴も参考に

心筋症=特発性拡張型心筋症と言われるほど、広くみられる心疾患ですが、特発性心筋症の発症原因は不明です。「特発」という特性もあるため、その発症は突然では早期発見が難しい病気と言われています。また遺伝性もあるとされており両親の病歴の中にしか何らかの特発性心筋症があればその子供は、発症する確率が上がるともいわれます。しかしながら、正確な発症原因がわからないため、犬が亡くなってから実はか特発性心筋症が原因だったとわかるケースも多いのです。
【薬・治療】

内科療法で対処し、症状の重度にかかわらず継続的な治療が必要

この病気は進行性の病気のため、発症が確認されたならすぐの治療と継続的な治療が必要になります。心筋症の治療には、利尿剤・強心剤・血管拡張剤・抗不整脈剤などを症状に合わせて投与します。また、L-カルニチンやタウリンを補い心機能の改善・塩分を制限した食事などで心臓への負担を和らげることも行います。心臓に負担がかかることは避けるのがベストで、なるべく安静に過ごさせるようにします。継続的な治療により症状の軽減や突然死をある程度防ぐことができるので、症状が軽い場合でも治療の継続が必要です。
【予防策】

特発性は予防できない。こまめな健康観察と定期検診を

特発性拡張型心筋症は、残念ながら予防法はありません。発見段階ですでに病気がなかり進行しているケースも多くありその発見は難しいとされています。
早期発見早期治療により、延命や症状改善につながるため定期検診や毎日の観察がとても大切です。発症しやすい犬種であれば、特に気を付けて定期検診を受けるようにしましょう。少しでも上記のような症状がみられた場合にはきちんと受診し、病気の有無を確認することも大切です。また遺伝的な要素あるとされているため、両親の病歴に心疾患があれば、定期検診の際に獣医に相談するとよいでしょう。

「心筋症」になりやすい犬種

  • ダルメシアン
  • ドーベルマン
  • ピンシャー
  • ボクサー
  • アメリカン・コッカー・スパニエル