ケンネルコフ(伝染性気管支炎)の症状や原因、治療法について

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)はさまざまなウイルスや細菌の複号感染によって引き起こされる伝染性の強い呼吸器系の疾患です。

人間の風邪と同じようにセキやくしゃみ、発熱などの病状が見られ「犬カゼ」とも呼ばれています。
ケンネルコフ(伝染性気管支炎)は不衛生な飼育環境が原因で、体力や免疫力の弱ったワンちゃんが罹りやすい病気です。
ケンネルコフ(伝染性気管支炎)の原因菌やウイルスは、空気に乗ってあっという間に広がります。
とくに空気の乾燥する冬場は注意が必要です。

【症状】

人間の風邪のようにセキやくしゃみ、発熱がみられます。

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)に感染すると、人間の風邪と同じようにセキやくしゃみ、発熱などの症状が急に現れます。
運動や興奮状態のあと、気温や気圧の急激な変化のあと等に激しくセキをするようになり、発作性のセキの場合には嘔吐するケースもみられます。
1種類のウイルスの単独感染の場合は軽い症状で落ち着くことが多く、ほとんどの場合1〜2週間程度で全快します。
しかし、複数種類のウイルスや細菌と混合感染した場合や体力の無い仔犬や免疫力の落ちた老犬に感染した場合には、元気がなくなり食欲も落ち、ドロドロした膿のような鼻水や黄色い目ヤニを分泌するようになります。
ケンネルコフ(伝染性気管支炎)が重篤化した場合の最悪のケースは、罹患したワンちゃんが肺炎を引き起こして死に至ることです。
健康なワンちゃんにとっては風邪程度の軽い病気ですが、体力の無い仔犬や免疫力の落ちた老犬にとっては油断のならない恐ろしい病気です。
【原因】

ウイルスや細菌が空気に乗って広がっていく空気感染が原因です。

ケンネルコフ(伝染性気管支炎)は犬パラインフルエンザ等のウイルスや気管支敗血症菌といった細菌が空気中に広がり、それを吸い込んだワンちゃんが感染します。
ケンネルコフ(伝染性気管支炎)を引き起こすウイルスや細菌は複数種類存在しており、それらが混合感染することも多々あります。ケンネルコフ(伝染性気管支炎)は空気感染が原因の病気ですので、同じ生活環境化にいるワンちゃんたち全頭があっという間に罹患することも多くみられます。
【薬・治療】

抗ウィルス作用のあるインターフェロンや抗生物質を投与します。

体力があり、食欲も旺盛なワンちゃんの場合には1〜2週間で全快することが多いです。
ウイルス感染の場合には抗ウィルス作用のあるインターフェロンを、細菌感染の場合には、抗生物質を投与することもあります。
セキや炎症を抑えるため、抗生物質や消炎剤を投与し、栄養分の点滴を行い体力の回復を図ります。
首輪を外して安静にさせ、他の犬への感染を防ぐために隔離します。
とにかく重篤化させないように、動物病院で適切な治療を受けましょう。
【予防策】

仔犬のころから適切なワクチンの接種を行うことが大切です。

仔犬のころから適切なワクチンの接種を行いましょう。ワクチンにはワンちゃんの免疫力を高める効果もあります。
毎年1回、動物病院で接種される混合ワクチンは、必ず接種するようにしてください。
空気の乾燥している冬場は、ワクチン接種済みで体力のあるワンちゃんでも寒さで体力が落ちていることが多く、ケンネルコフ(伝染性気管支炎)を発症しやすいので注意が必要です。飼い主さんはワンちゃんの生活環境を清潔で快適な状態に保ってあげてください。

「ケンネルコフ(伝染性気管支炎)」になりやすい犬種

  • 全ての犬種で罹りやすい病気です。