回虫症(かいちゅうしょう)の症状や原因、治療法について

回虫症は、寄生虫の一種である回虫によって引き起こされる病気です。

別名トキソカラ症とも呼ばれています。回虫は人間や犬、猫といった哺乳類の小腸に寄生します。
犬に寄生する回虫は「イヌ回虫」と呼ばれる種類で、ミミズのように細長い見た目で白っぽい色をしています。

回虫は卵の状態で体内に侵入することが多く、侵入した卵は小腸内で孵化します。その後、血管内を移動しながら肺に到達し、気管支や食堂に移動します。ここでさらに飲み込まれることにより腸管内へ戻り、成虫へと成長します。

犬種や年齢に関わりなく発症しますが、特に注意が必要なのは生後6ヶ月未満の子犬です。回虫の幼虫から成虫への成長は生後6ヶ月未満の子犬に起こるという特徴があります。生後6ヶ月以上の犬は異物を除去する機能が活発なため、幼虫は殻にこもったままです。犬の免疫力が低下した時やメス犬妊娠した時に殻を破り出てきます。
生後6ヶ月未満の子犬は免疫力が弱いため、成虫になる環境が整っていると言えます。

【症状】

発育不良や食欲不振、下痢などがあり、お腹の膨らみも見られる

子犬が回虫症にかかると、下痢や嘔吐、発育不良、お腹の膨らみが見られます。
その他には、元気がない、やせる、貧血も見られます。下痢や嘔吐の際に、ひものような回虫が出てくることもあります。たくさんの回虫が小腸にいて腸管内で絡まると、腸閉塞を起こすこともあります。

吐くこと、下痢をすることで回虫を出すことができれば良いのですが、回虫が絡まっていると排出が難しく、長期間お腹にいることになります。そうすると症状が酷くなっていくため、命の危険に関わることもあります。
回虫が腸内にいる間、回虫に栄養が取られてしまうため体重減少が起こったり、痩せたなと見てわかるようになります。

子犬の発育不良が起こるのは、本来子犬の成長に必要な栄養が回虫に取られていると考えられています。ご飯を食べない、元気がないといった症状が見られたら、回虫の存在を疑うことも必要です。
成犬が回虫症になった場合は、下痢が見られることがありますがほとんどは無症状なため、気が付いたら排出されていたというケースもあります。

【原因】

卵がいる排泄物や嘔吐物からの経口感染や母体からの感染で発症

原因は、イヌ回虫と呼ばれる寄生虫が体内に入り込むことで発症します。
犬は排泄物や嘔吐物を食べるという習慣があるため、回虫の卵が含まれている排泄物や嘔吐物を食べてしまうことで、回虫を体内に取り込んでしまいます。回虫は、成虫になるまで長期間、殻にこもることも可能で、最適な環境になるまで待っていることもあります。

また、回虫症になった母犬が妊娠すると、胎盤を経由して子犬に回虫が移ることもあります。この場合の子犬は、感染と発症のリスクが跳ね上がります。
まず母体を通しての感染、次に母乳を通しての感染、さらに母犬の排泄物を誤って口に入れることでの感染です。

【薬・治療】

駆虫薬での駆虫と下痢を緩和するため整腸剤の投与で治療

まず駆虫薬を投与して回虫を除去します。一度の駆虫薬だけでは除去しきれない場合も多く、完全に駆虫できるまでの継続投与と定期的な診察が必要です。必要があれば再度駆虫薬投与を行い、確実に除去していきます。

駆虫薬と併せて、下痢を緩和するための整腸剤が使われることもあります。多頭飼いの場合は、他の犬に寄生、発症している場合も多くあるため、飼っている犬全ての同時投与を行います。
回虫の量が多く、肺炎や腸閉塞を起こしている場合には、すぐに抗炎症薬などの投与と治療を行います。

【予防策】

排泄物の速やかな処理と近寄らせないしつけ。事前駆虫も

感染経路として一番多いのは、排泄物や嘔吐物からの感染です。そのため、散歩コースにある排泄物などには近づかないようにしつけることが必要です。

糞が放置してあっても臭いを嗅がないように教え、近づかないようにきちんとしつけをしましょう。そして、愛犬の排泄物をきちんと処理することも大切です。
また、母犬からの胎内感染もあるため、子犬を産ませたいと考えているのであれば、メス犬に事前に駆虫薬を飲ませ駆虫をするようにしましょう。そうすることで子犬への感染を防ぐことができます。
しかし、これが有効なのは妊娠前の段階です。妊娠する前のメス犬には駆虫を徹底しておくと安心です。

「回虫症(かいちゅうしょう)」になりやすい犬種

  • 犬種、年齢に関係なく全ての犬種