ジステンパーウイルス感染症の症状や原因、治療法について

ジステンパーウイルス感染症は、ワンちゃんが犬ジステンパーウイルスに感染することにより引き起こされるウイルス感染症です。

ジステンパーウイルス感染症は鼻水やセキ、くしゃみといった呼吸器系疾患の症状や嘔吐、下痢などの消化器系疾患の症状、そして身体の麻痺などの運動神経系疾患の症状を発症します。
ワクチン未接種の1歳未満の幼いワンちゃんに発症することが多い病気です。発症すると命を落とすことも多い
危険な病気です。

【症状】

ワクチン未接種の仔犬は要注意!発熱や嘔吐、下痢で衰弱していきます。

ワクチン接種済みの健康な若いワンちゃんであれば、犬ジステンパーウイルスに感染したとしても、多くの場合はほとんどが無症状です。
免疫力の強い健康なワンちゃんがジステンパーウイルス感染症を発症したとしても、軽いセキや少量の鼻水程度の呼吸器系疾患の症状で済みます。
しかしワクチン未接種の仔犬や体力の衰えた老犬の場合は高熱にうなされるようになり、激しいセキや多量の鼻水が出るようになります。
やがて嘔吐や下痢をするようになり、重度の肺炎を引き起こすこともあります。免疫力が極端に弱いワンちゃんの場合、脳脊髄炎を引き起こし、身体の痙攣や麻痺に繋がります。この他に、網膜剥離を引き起こして失明に繋がることもあります。
ワクチン未接種のワンちゃんがジステンパーウイルス感染症を発症し、病状が急激に進行した場合は命を落とすことも多々あります。
完治後に失明や身体の麻痺、歯の発育不全が起こることもある恐ろしい病気です。
【原因】

犬ジステンパーウイルスに感染している犬への接触や飛沫感染が原因です。

すでに犬ジステンパーウイルスに感染しているワンちゃんの目ヤニや鼻水、唾液、尿、便などの体液に接触し感染するケースが多いです。
セキやくしゃみで、空気中にばら撒かれた犬ジステンパーウイルスを吸い込んで感染することもあります。
ジステンパーウイルス感染症を発症することが多いのは、1歳未満でワクチン未接種の幼いワンチャンです。
高齢で、体力や免疫力の弱ったワンちゃんが発症することも多々ありますので注意が必要です。
【薬・治療】

有効な治療薬はありません。点滴や抗生物質の投与による対処療法しかありません。

犬ジステンパーウイルスには、有効な治療薬は存在しません。下痢や発熱を起している場合には対処療法として点滴による輸液を行います。
細菌の二次感染が起きている場合にや抗生物質の投与が行われます。
神経系の症状を示し、身体の痙攣が激しい場合には抗痙攣剤の投与を行うことがあります。
ジステンパーウイルス感染症に対しては、現在のところ、上記の対処療法を行い、ワンちゃんの体力と免疫力の回復を待つしか治療の方法はありません。
【予防策】

仔犬のころから適切なワクチン接種を行いましょう。

ジステンパーウイルス感染症の予防には、ワクチンの接種が有効です。犬ジステンパーウイルスが含まれたワクチンを接種することで、犬ジステンパーウイルスの感染をほぼ100%防ぐことができます。仔犬から老齢気のワンちゃんまで、適切なワクチンの接種を定期的に行いましょう。
犬ジステンパーウイルスはワンちゃんだけでなく、キツネやタヌキ、イタチやフェレット、アライグマにも感染します。感染予防は実は野生動物の保護にも繋がっています。飼い主さんはその点も留意して適切なワクチン接種を行うようにしてください。

「ジステンパーウイルス感染症」になりやすい犬種

  • ワクチン未接種の全ての犬が感染する可能性があります。