門脈シャント(門脈体循環シャント)の症状や原因、治療法について

門脈シャント(門脈体循環シャント)という犬の病気は、門脈血流が肝臓を迂回して全身に流れてしまう血管奇形の病気です。

門脈シャント(門脈体循環シャント)という犬の病気は、門脈と呼ばれる血管と大静脈血管との間に異常なシャント(連絡路)が生じてしまい、本来肝臓に入るはずの門脈血流が肝臓を迂回して全身に流れてしまう血管奇形の病気です。
門脈血流には消化管から吸収した栄養分の他にアンモニアやメルカプトン、短鎖脂肪酸などの体に悪影響を及ぼす有害物質が数多く含まれています。
その門脈血流が肝臓に入らないため、有害物質が解毒されることがなく全身を循環し、体の各所で障害を引き起こしてしまいます。また、栄養が肝臓に届かないため肝臓が栄養失調に陥り小さく萎縮してしまいます。

【症状】

門脈シャント(門脈体循環シャント)になった犬は、肝性脳症という神経症状を起こすことがあり、一時的に盲目になる、ふらつき、痙攣、よだれなどの症状が見られます。

食後に見られる場合と食後に悪化するケースとがあります。
肝性脳症になってしまうと、場合によっては命を落とすこともあります。また、先天性が原因の場合には、虚弱体質で兄弟犬と比較すると体格が小さいなどの発育不良の症状が見られます。
後天性の場合には、食欲がなくなる、お腹に水がたまる、体重が落ちるなどの症状が現れることがあります。尿路結石や膀胱炎を併発することもあり、そのまま放置すると死亡してしまうこともあります。
【原因】

門脈シャント(門脈体循環シャント)の原因は、その多くが先天性で遺伝的要素が関係していると言われています。

門脈シャント(門脈体循環シャント)は、シェットランドシープドッグやミニチュアシュナウザー、ヨークシャーテリア、シーズー、ラブラドールレトリバー、オールドイングリッシュシープドッグなどの犬種に発症しやすいとされています。
年齢は1歳から2歳くらいで発症することが多いと言われています。また、慢性肝炎や肝硬変といった重度の肝臓の病気によって後天的に発生することもあります。
【薬・治療】

門脈シャント(門脈体循環シャント)は、その多くが先天性のため予防することは不可能です。

治療には、肝臓保護作用のあるエサを与えたり薬剤を投与するなどの内科的療法と手術でシャント血管を結紮する外科的療法とがあります。
内科的療法では、症状は改善しますが、完治することはありません。先天性の場合には、外科的療法で完治や延命が望めるため手術がすすめられます。
他の疾患によってシャントが引き起こされている場合には、まず基礎疾患の治療が行われます。

「門脈シャント(門脈体循環シャント)」になりやすい犬種

  • シェルティ(シェットランド・シープ・ドッグ)
  • ミニチュア・シュナウザー
  • ヨークシャー・テリア
  • シーズー
  • ラブラドール・レトリーバー