臍(さい)ヘルニアの症状や原因、治療法について

いわゆるでべその状態のことを指します。

臍ヘルニアは、人間の赤ちゃんでもあるように先天的に腹腔を構成する壁である腹壁が、
生まれた後も閉じることがなかったために脂肪や腸など内臓の一部が飛び出している状態でいわゆるでべその状態のことを指します。

犬の病気としては命の危険にさらされるような病気ではありませんが、場合によってショック状態になることもあるので注意が必要と言えます。

【症状】

臍の部分が出っ張って出ている状態になっています。

臍ヘルニアは、犬種によっては遺伝で起こることもあるとされており、臍の部分が出っ張って出ている状態になっています。
臍の部分が小さいのであればただ出っ張っていることだけが症状ですので問題ないとされていますが、
ヘルニアの部分が大きいと腸全体の包む腹膜の一種である大網や脂肪だけでなく腸官の一部が飛び出してしまうこともあります。

腸管が飛び出してしまうと、腸官がヘルニアの中に入り込んで押しても戻らなくなることがあり、腸閉塞を起こしたり腸管が締め付けられて血行が悪くなることもあります。
抑えて引っ込む程度であればでべそでも軽度の状態ですが押しても戻らない場合には改善する必要があり、
そのまま放置してしまうと嘔吐や腹痛、食欲不振に陥ったり元気がなくなるなどの症状が出てくるとされています。
では、臍ヘルニアの原因とはどんなことが考えられるのでしょうか。

【原因】

はっきりとした原因は解明されていないとされています。

原因としては、先天性なことが大きな原因として考えられていますが実際にははっきりとした原因は解明されていないとされています。
ペキニーズやエアデールテリアなど先天的に遺伝する犬種もあるとされています。
【薬・治療】

サイズが大きい場合は手術をする必要があります。

治療法としては、子犬であり大きさが小さいものであれば成長とともに自然閉じてくることがあるとされていますので特に何か治療を行う必要はないとされています。
しかし、サイズが大きい場合で腸管などが入り込む可能性がある場合には避妊や去勢手術を行う前に腹壁を閉じる修復手術をする必要があります。
また、腸閉塞や絞扼が起きている場合には重篤な状態ですので緊急手術を行う必要があるとされています。

予防法としては、ないに等しいと考えて良いでしょう。
特に遺伝性の場合だと防ぐこともできませんので発症しやすい犬種の場合には子犬の頃から経過観察していくのが良いと言えます。
成長段階で閉じてくるのであれば良いですが、生後半年を過ぎても自然に閉じない場合には早めに手術を行うことが望ましいでしょう。

ワンちゃんの健康のためにも、飼い主が常にワンちゃんの健康管理をしっかりと行い普段からおかしなことがないか様子を見ていくように心がけましょう。

「臍(さい)ヘルニア」になりやすい犬種

  • エアデール・テリア
  • バセンジー
  • ペキニーズ
  • 秋田犬
  • キャバリア・キングチャールズ・スパニエル
  • シー・ズー
  • アメリカン・コッカー・スパニエル