膵炎(すい炎、膵臓炎、すい臓炎)の症状や原因、治療法について

犬を飼う人が増えつつある今、同時に犬の病気も様々な種類があり、犬種によってかかりやすい病気などもあるため注意が必要です。

生き物を飼う以上病気はある程度覚悟がいるものですが、日頃の生活で注意をしていれば病気を避けられる可能性も、充分にあります。
中でも膵炎はすい炎、他にも膵臓炎やすい臓炎などとも表記されますが、老犬のメスに多く肥満気味の小型犬がかかりやすいと言われています。

【症状】

膵炎は症状が重くなるとショック状態を引き起こすこともあります。

膵炎は急性のものと慢性のものがあり、急性の場合だと激しい下痢や嘔吐を繰り返し、症状が重くなるとショック状態を引き起こすこともあります。
下痢や嘔吐が続き、犬の元気がなくなってしまったり熱が出てしまうなどといった時は、病院で素早い診断と治療を受けることが重要です。

膵炎は判断が難しいものとされながら、素早い処置が必要な病気のため、少しでもおかしいと感じたら病院へ連れて行くべきです。
慢性のものなら症状は軽いことが多いですが、徐々に膵臓の状態が悪化してしまうこともあるので、下痢や嘔吐を繰り返した時はすぐに治療を始めれば、状態は改善されます。

【原因】

膵炎は膵臓内にある膵液が本来の役割を果たせなくなってしまうことが原因で起こると言われています。

そもそも膵炎は、ホルモンの病気や寄生虫による感染などによるものや、利尿剤などの長期にわたる投与や外傷性などにより、膵臓内にある膵液が本来の役割を果たせなくなってしまうことが原因で起こると言われています。
しかし脂肪の多い食事や、カロリーの高いおやつなどを与え続けることによって、肥満になっている犬がかかりやすい傾向にあることから、食事と運動量に気をつけることでかかるリスクを減らすことも可能です。
つい可愛いからと言って人間の食べ物を与えてしまったり、犬が喜んでいるからと言って脂肪の多い食べ物を与えてしまうと、リスクが高まり老犬になった時に、発症しやすくなってしまいます。

犬に元気で長生きしてもらいたければ、どんなにおねだりされても人間の食べ物を与えるということは、絶対にしないほうが良いです。

【薬・治療】

膵炎の治療は主に点滴による治療がメイン

膵炎の治療は主に点滴による治療がメインで、抗生剤や吐き気止めなどを継続的に投与し、下痢と嘔吐による脱水を起こさないように行われます。
脱水が出てしまっていると更に犬は衰弱してしまい、体力もなくなってしまうため点滴を継続的に行い、栄養を摂取させなければいけません。

また消化することが出来ず戻してしまうため、食べ物や水を与えることも出来ず絶食を行う治療が基本的です。
状態にもよりますが、場合によっては長期の入院も必要になってきますので、普段から犬の状態を理解しておくことが犬の病気を防ぐ最大の行動になります。

「膵炎(すい炎、膵臓炎、すい臓炎)」になりやすい犬種

  • ミニチュア・プードル
  • ミニチュア・シュナウザー
  • コッカー・スパニエル
  • ウェスティ