膀胱結石の症状や原因、治療法について

膀胱炎という犬の病気は、膀胱に炎症が起きることを言います。

細菌や寄生虫、真菌などに感染することや腫瘍によって膀胱に炎症が起きる病気。

【症状】

犬が膀胱炎になってしまうと、様々な症状が現れます。

犬が膀胱炎になってしまうと、頻繁にトイレに行く、尿の量が少ない、尿の色が濃い、ピンク色の血尿が出る、尿が出づらい、尿がきつい臭いになるなどの症状が現れます。

メス犬の場合は膣から分泌物が出るため外陰部をなめるなどの症状が現れることもあります。
膀胱炎は犬の必尿器系疾患の中では最も多い病気と言われ、慢性化するケースが多く、前立腺炎や尿路結石、腎盂腎炎などを引き起こすこともあります。

症状が重くなると、尿を排出するのが難しくなる尿閉塞を発症することもあります。
尿閉塞になると尿をぽたぽたと垂らすようになり、完全閉塞まで進行してしまうと尿を全く排出することが出来なくってしまいます。
場合によっては、死亡してしまうこともあります。

ミニチュアシュナウザーやミニチュアダックスフント、ダルメシアン、ブルドッグなどの犬種がかかりやすいと言われています。

【原因】

膀胱炎の原因は様々ですが、最も多いのは大腸菌やブドウ球菌といった細菌に感染して起こるものです。

それから、寄生虫や真菌によって感染することもあります。
腫瘍によって膀胱が傷ついたり、交通事故などの外傷によって膀胱が傷つき炎症を起こしてしまうこともあります。
膀胱の中にできた結石や結晶が膀胱の粘膜を傷つけてしまい、それが炎症の原因になることもあります。
一般的にオス犬よりもメス犬の方がかかりやすいと言われており、これはメス犬の方が排泄の時に地面につく回数が多いこととオス犬の細く長い尿道よりメス犬の太く短い尿道の方が発症しやすい傾向があるからです。
【薬・治療】

膀胱炎の治療は、細菌による感染が原因の場合、抗生物質を服用する投薬治療を行うことになります。

およそ2~3週間、細菌がいなくなるまで服用を続けるのが一般的です。
薬を服用してもあまり効果がみられない場合には、抗生物質の種類を変える、原因となっている菌を特定する検査を受けることなどが必要になります。

家庭でできる治療としては、水を沢山飲ませて排泄を促すことです。膀胱の中にできた結石や結晶が原因の場合には、結石や結晶の種類によって治療法が異なります。
結石や結晶を溶解させる療法食や結石を摘出する手術などの方法があります。

また、腫瘍によるものの場合には、ガンである可能性が高いので外科手術や抗がん剤の投薬治療を行うことになります。

「膀胱結石」になりやすい犬種

  • ミニチュアシュナウザー
  • ミニチュアダックスフント
  • ダルメシアン
  • ブルドッグ