肺炎の症状や原因、治療法について

肺による犬の病気の中で最も多いのが肺炎です。

苦しそうな呼吸をしていたり、特に免疫力の低下している老犬や免疫力が弱子犬は注意が必要です。
日常で気をつけることや飼い主が気をつけて予防できることがあれば、原因を取り除いてあげることもできます。

【原因】

まず、主な原因としてはウイルスによるものです。

ケンネルコフやジステンパーなどのウイルスに感染することで併発することが多いです。また、食べ物などがあやまって気管を通り誤嚥を起こすことで肺に炎症を起こします。
野外で活動することが多い犬は気管支炎敗血症菌やストレプトコッカズーエピデミカスという溶血性連鎖球菌の一種に感染することで引き起こされます。
免疫力の弱い子犬に発症することが多いです。その他にも土壌や鳥の排泄物に接触することで真菌に感染し引き起こされます。フィラリアなどの寄生虫が引き金になることもあります。
抗がん剤などの薬剤、刺激のあるガスや化学薬品も肺に刺激を与えて引き金になる可能性があります。
【症状】

症状は多岐にわたります。

代表的なものでは、疲れやすく食欲が無い、ぜーぜーという咳をしたり呼吸困難や吐き気、熱があったり運動することを嫌がることです。
怠惰感があり発熱などがあると悪化することで横になることもできなくなります。呼吸の障害がある場合は、低い音の息使いで短い呼吸で浅く、荒くなります。
子犬や老犬の場合は症状が急激に悪化してしまう可能性があるので注意が必要です。
【薬・治療】

治療方法としては、他の原因によって肺炎が引き起こされている場合は、まずその原因となる疾病を取り除く治療から始められます。

X線検査や胸部の聴診を行って全身を調べることもあります。二次感染を防ぐために抗生剤の投与が行われたり、解熱剤や鎮静剤、鎮咳剤など症状にあわせた治療が行われます。
肺炎と診断された場合は入院が必要となります。呼吸が苦しい場合は酸素吸入も行われます。
できる限り無理をさせないで、栄養のあるものを食べて安静に過ごすようにします。

また、空気の綺麗な場所で過ごすことができるようにしてあげます。
治療期間は約1ヶ月と長くかかりますが、時間をかけて治すことができる病気です。
肺炎にならないようにする為にも、定期的な健康診断でウイルスや細菌への感染がないか、バランスのとれた食事をとって適度な運動をすることで免疫力が低下していないか日ごろから注意することが大切です。
また、免疫力を向上させる食事を心がけることも効果的です。

「肺炎」になりやすい犬種

  • 特にかかりやすい犬種はありませんが、老犬など免疫力が低下している犬