肛門嚢炎(こうもんのうえん)の症状や原因、治療法について

犬には肛門の左右に肛門嚢という袋があります。

これは、肛門腺から分泌された分泌液が蓄えられる場所でもあります。

犬の病気の一つである「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」は本来であれば、排便時に自然に排出されるべき分泌液が排出されずに炎症を起こしている状態を指します。
分泌液が留まると、その中で細菌が繁殖します。

【症状】

症状が悪化すると、コブのように膨らみ、最終的には肛門嚢が破裂してしまいます。

主な症状としては、肛門周辺が腫れたり赤みが見られる、頻繁に肛門周辺を舐める・気にするような仕草をする、
お尻を床にこすりつけるようにしてあるく、うんちが細くなるという事があります。
特に、炎症が酷くなると、肛門周辺を気にすることが多くなります。
【原因】

原因としては、肛門嚢が目詰りしているという事が挙げられます。

通常は肛門括約筋により肛門内に放出され、自然に排出されますが、その管が詰まってしまうと、肛門嚢に溜まったままになってしまいます。
また、自力で排出することが出来ないという場合でも、定期的に絞ることで、炎症を予防することが出来ます。

しかし、このようなケアを怠った場合には、肛門嚢に分泌液が溜まってしまいます。
また、小型犬では、肛門括約筋の力が弱く、自力で分泌液を押し出す事が出来ないことも分泌液が肛門嚢に溜まったままになってしまう原因と言えます。

【薬・治療】

治療法は、炎症具合によっても異なります。

初期状態であれば、肛門嚢に溜まっている分泌液を押し出すことで炎症を抑えることが出来ますが、炎症がひどいという場合もしくは既に肛門嚢が破裂してしまったという場合には、炎症を抑えるための内服薬が使用されたり、破裂した部分に炎症を抑える為の外用薬を使用する場合もあります。

何度も肛門嚢炎を繰り返すという場合には、肛門嚢を外科手術にて切除するという方法もあります。
肛門嚢と肛門とをつなぐ管ごと切除する方法やこの管を残して切除する方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、手術を行う場合には獣医師と話し合った上で決めるようにしましょう。

なお、定期的に絞ることが出来れば、炎症が起こることを抑えることが出来ます。
分泌液が溜まるまでの期間には、個体差がありますので、肛門周辺を気にするような仕草が見られた場合には、確認してみると良いでしょう。
飼主自身が絞ることができなかった場合には、動物病院やトリミングサロンなどに相談すると良いでしょう。

「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」になりやすい犬種

  • トイプードル
  • チワワ
  • ダックス
  • 体が小さい犬種