癌(がん)の症状や原因、治療法について

犬の病気としてもがんは常にトップに上げられます。

人間同様、犬の平均寿命も延びていっていることから癌になることもあります。
人間のように痛みを訴えることができない以上、飼い主が日頃から様子をよく見ておいてあげて、早めに症状に気づき、早期治療を行なうしかありません。

【症状】

共通して表れるのが体重減少や食欲不振・リンパ節の腫れ・貧血症状・しこり・元気のなさなどです。

がんの発生場所によって症状に違いはあるものの、共通して表れるのが体重減少や食欲不振・リンパ節の腫れ・貧血症状・しこり・元気のなさなどです。ただ初期の段階だとなかなかこのような症状を見せてくれず犬も隠そうとするので、かなり進行してからようやく気づくというケースも多いです。

もしもこれらの症状があれば早めに獣医に相談しましょう。触診やエコー検査・ニードルバイオプシーという注射針をしこりに刺して細胞を採取して顕微鏡で観察する方法などが行なわれます。これらの検査はいずれも麻酔が使われることはなく、ペットへの負担も少ないです。ただあくまで簡易的な検査であり、詳細な検査は更に専門の病院で行なわれることになります。

【原因】

ガンの原因としては、老化や紫外線・放射線・ウイルス・ホルモン・遺伝などがあります。

がんは細胞の中に含まれている元となる遺伝子が活性化すること、抗がん遺伝子が不活性化することによって増殖します。
その原因として考えられるのは老化や紫外線・放射線・ウイルス・ホルモン・遺伝などがあります。
ゴールデンレトリバーやフレンチブルドッグ・ラブラドールレトリバーなどはなりやすい犬種なので特に注意が必要です。

ストレスやタバコの煙を吸い込むことなども原因となりうるので、運動をさせてあげたり環境を整えてやることでストレスの要因を減らすとともに、飼い主は自身と愛犬のためにも禁煙を行ないましょう。

【薬・治療】

除去、抗ガン剤投与、放射線療法・免疫療法など人間と同じ治療法です。

治療方法は、外科手術で癌に侵された細胞そのものを除去したり、抗ガン剤を投与したり、放射線療法・免疫療法など人間と同じです。
小さな体を切ったり針を刺したりといった方法がかわいそうだというならマッサージやハーブや動物のための鍼灸など科学的手法に頼らない代替療法もあります。それぞれのメリットデメリットを知った上で愛犬に最適な方法を選ぶようにしましょう。

癌というと不治の病というイメージがありますが、最近では早期発見して早めの治療が行なわれればかなりの高確率で延命に成功するようになりました。決して恐れることはないのです。
ペットはしんどそうな様子をみせることはないかもしれません。しかしながら目の色が黄色くなっていたり耳や鼻にできものができていたり、外見から分かる変化もあるはずです。日々犬の体を観察するようにしましょう。

「癌(がん)」になりやすい犬種

  • ゴールデン・レトリーバー
  • ボクサー
  • ジャーマン・シェパード・ドッグ
  • エアデール・テリア
  • スコティッシュ・テリア