疥癬、ヒゼンダニ(犬疥癬)の症状や原因、治療法について

疥癬は、ヒゼンダニというダニが寄生して起こる皮膚病の一つで犬疥癬とも呼ばれています。

基本的には犬の病気ですが、一時的に人間にも規制することがあるのでその場合には皮膚炎などを起こすことがあるとされています。
では、疥癬の症状や原因、治療法などについて考えてみましょう。

【症状】

初期症状としては、ひじやかかと、耳や目の周りなど毛が薄い部分に発疹ができますがその後激しいかゆみを生じるようになります。

犬が体をかくことで皮膚が傷つきフケが増えたり脱毛することもあるとされています。
そして、皮膚を書いたことでできた傷口から別の菌に感染して化膿することもあるとされています。
疥癬と同じように耳の周辺が痒くなる病気としては細菌性外耳炎や耳疥癬やミミヒゼンダニ感染症などの耳ダニ感染症などがあるとされています。
【原因】

疥癬が起こる原因としては、すでに疥癬に感染している犬や動物などに接触することでダニが寄生して感染することが考えられます。

ヒゼンダニは宿主から離れても数時間は生存していることから、何頭も多頭飼いしている場合でタオルやブラシなどを使いまわしていると感染していない犬にもどんどん感染してしまう恐れがあります。
一頭しか感染していなかったのに他の犬にも感染している場合には、ブラシやタオル、寝床などを介して感染している可能性があります。
【薬・治療】

疥癬の治療法としては、ダニに効果的な内服薬や外用薬を塗布していく治療を行います。

細菌が二次感染して傷口が化膿している場合には抗生物質を投与することもあるとされており、治療中は再寄生を防ぐために使用したブラシやタオルは熱湯消毒したりヒゼンダニの殺菌に良いとされる殺虫剤などで消毒するようしましょう。

また、寝床などもこまめに消毒するように心がけ、感染している犬の他にも犬を飼っている場合にはなるべく接触させないように部屋を分けたり他の所へ預けたりして二次感染させないように気を付けるようにしましょう。

予防法としては、日頃から体調管理や衛生管理に気を付けて、ヒゼンダニが寄生していそうな動物との接触はなるべく避けるようにするのが大切です。
命にかかわるような重篤な症状にはならないものの、激しいかゆみに襲われ皮膚も傷ついてしまうので犬にとってはストレスとなることがあります。

飼い主が日頃の犬の様子をよく観察し、体を異常に痒がっている場合には早めに動物病院で診てもらうようにするのが望ましいと言えるでしょう。

「疥癬、ヒゼンダニ(犬疥癬)」になりやすい犬種

  • コリー
  • シェットランドシープドッグ
  • オールドイングリッシュシープドッグ
  • オーストラリアンシェパード