椎間板ヘルニアの症状や原因、治療法について

椎間板ヘルニアという犬の病気は、脊椎(背骨)の間にある椎間板と呼ばれる部分が損傷することで起きます。

椎間板は頭や胴体の重みを支える脊椎のいわばクッションの役目を果たしています。

【原因】

椎間板が損傷することで、椎間板内部の髄核(ゲル状の物質)が飛び出してしまい、脊髄や脊髄からでる神経を圧迫します。これが痛みの原因になると言われています。

特にミニチュアダックスフントのような胴長の犬は、背骨に負担がかかりやすいので発症しやすいと言われています。
激しい運動や肥満なども原因になると言われていて、加齢に伴って発症するリスクも上がります。
【症状】

椎間板ヘルニアは、重症度によってグレード1からグレード5までの5段階に分けられています。

まず、グレード1の段階では麻痺の症状はないものの脊椎に痛みがある状態です。
運動を嫌がったり、いつもはできる階段の上り下りができなかったり、飼い主に痛みを訴えて鳴くようなこともあります。
グレード2では軽い麻痺の症状がでます。歩くことはできてもふらふらとした歩き方だったり、足先をすりながら歩いたりします。
グレード3では、麻痺が進行し、後ろ足を自分で動かすことができなくなり、前足だけでひきずって歩くような姿が見られます。
グレード4では、後ろ足は完全に麻痺している状態で、浅部痛覚は失われていますが、深部痛覚はまだ残っている状態です。自分の意志で排尿することができなくなる排尿麻痺の症状もでます。
グレード5では、深部痛覚も失われてしまいます。
後ろ足の骨を鉗子でつまんでも全く痛みを感じない状態になってしまいます。
【薬・治療】

椎間板ヘルニアの治療には、内科療法と外科療法の2つの方法があります。

グレード1から2の場合には内科療法がとられることが多く、グレード3では内科療法と外科療法のいずれかを選択することが多いです。
グレード4から5になると外科療法が検討されるのが一般的です。内科療法では基本的に、トイレなどに出す時以外は狭いケージに入れておく「ケージレスト」と呼ばれる積極的に安静にする方法がとられます。
安静にする期間は、飛び出した椎間板が安定する4~6週間程度と言われています。
また、同時に投薬治療を行うこともあります。外科療法では、飛び出している椎間板の物質を摘出する手術が行われます。
グレード5になると早期の手術が必要で、手術が遅れれば脊椎が壊死してしまい手術をしても回復が難しくなってしまいます。

「椎間板ヘルニア」になりやすい犬種

  • ダックス
  • ペキニーズ
  • プードル