心臓病の症状や原因、治療法について

犬の病気にはいろいろありますが、心臓病もそのひとつです。

種類は、先天性の心室中隔欠損症や大動脈狭窄症、心臓の筋肉の異常による心筋症、感染症であるフィラリア症、僧帽弁の異常を示す僧帽弁閉鎖不全症などがあります。

【症状】

どの心臓病でも、心雑音があることが多いのですが、心雑音自体を飼い主が気付くことは難しいです。

やはり、獣医さんに定期的に診せていなければ、発見できません。

次に、元気がない、疲れやすい、寝てばかりいるなどの状態になります。
そして、咳が出始めます。犬の咳は、心臓病のサインです。このような症状が出たら、速やかに獣医のもとへ行きましょう。咳は、興奮したり、運動後に出ることが多いのですが、普段から咳が出るようになったら、症状が進行しているということです。
さらに、血液の流れが滞って、急に失神するようになったら、かなりひどくなっています。肺に水がたまって、呼吸困難になることもあります。
そのほか、やせてくる、チアノーゼ(酸素が不足し、唇や舌が紫色になる)などは、心臓病かどうかを見る判断材料になります。

【原因】

心室中隔欠損症は、心室中隔に穴がある病気です。

大動脈狭窄症は、大動脈弁が狭窄を起こし、血液が流れにくくなる病気です。
心筋症は、心臓の筋肉の厚みが変化したり、心筋がうまく働かなくなって、心臓がポンプの働きをしにくくなる病気です。
フィラリア症は、寄生虫の一種フィラリアに心臓が感染することによって起こります。僧帽弁閉鎖不全症は、僧房弁がうまく閉じなくなる病気です。

この中で、最も多く見られるのが、僧帽弁閉鎖不全症です。
具体的にどういう病気かというと、左心室と左心房の間にある僧房弁が、厚くなったり、弁を支える腱索という部分が異常を起こして、発生します。

僧帽弁閉鎖不全症にしろ、ほかの心臓病にしろ、早期発見早期治療が大切です。
原因をできるだけ早く見つけて、適切な治療を行う必要があります。

【薬・治療】

肝心の治療は、手術が行われることもあります。ただ、まだあまり一般的でなく、命の危険も伴います。

普通は、症状をコントロールしながら、悪化を防ぐことが第一になります。
まずは、安静にしておくことです。

次に、食事療法です。
特に制限すべきなのが、塩分です。塩分は、心臓の負担になります。そのほか、栄養バランスを考えます。人が食べるようなものを与えてはいけません。

三番めは、薬物療法です。強心剤や利尿薬、血管拡張剤などが出されます。
一生服用させることになります。副作用が出ることもあるので、何かあったら獣医に相談してください。

「心臓病」になりやすい犬種

  • ヨークシャーテリア
  • マルチーズ
  • シーズー
  • キャバリア