変形性骨関節症の症状や原因、治療法について

変形性骨関節症の症状や原因、治療法について考えてみましょう。

犬の病気の中でも変形性骨関節症は、骨と骨をつないでる関節が変形したり痛みを乗じたり、こわばりを感じる病気で原発性のものと足腰の病気が引き金となって起こる場合にがあるとされています。

【症状】

初期症状としては歩行異常などがあります。

散歩を極端に嫌がったり階段を下りたり上ったりを嫌がる、足を引きずって歩くなどの歩行異常などがあり、それから進行すると捻髪音と呼ばれる患部を動かした際に関節が異常な音を立てることがあり関節の可動域が狭くなるなどの症状があらわれるとされています。
【原因】

原発性のものと続発性のものとがあるとされています。

原因としては、老化が進むことによって起こる原発性のものと足腰などの他の病気を発症したことで起こる続発性のものとがあるとされています。
続発性で変形性骨関節症が起こる病気としては、股関節形成不全や膝蓋骨脱臼、肘関節形成不全、骨軟骨症など病気が考えられます。
また、激しい運動を行った際や肥満によって関節に負担がかかったり前十字靭帯断裂などの関節疾患を発症していることでも起こるとされています。
その他には、マダニの吸血によってボレリアという菌に感染して起こるライム病、自己免疫性のリウマチ関節炎などが原因によって起こるとされています。
【薬・治療】

治療法としてはどんなことが考えられるのでしょうか。

変形性骨関節症は、原因や症状によっても治療法は異なるとされていますが、非ステロイド性抗炎症剤などを投与して痛みを軽減した後に運送療法や食事療法などによって改善していくとされています。
続発性の変形性骨関節症の場合には、その原因となっている病気の治療も並行して行っていきます。
続発性の病気によって起こる場合には仕方ない部分もありますが、健康管理や食事管理などを子犬のうちからしっかりと行うことで予防することも可能です。
特にフローリングの床は犬の足腰に負担がかかることもありますので、滑らないようにカーペットをしたり滑り止め用のワックスを塗るなどして犬の足腰に負担がかからないように飼い主の方で工夫してあげるのが良いでしょう。

犬は自分で不満を訴えることは難しく、病気を発症してから治療を行うのは時間がかかることもあり、それが精神的にストレスとなってしまう犬もいるとされています。
そのため、飼い主にできることとしてはなるべく病気にならないような健康な体作りを目指し良い環境を作ってあげることでいつまでも犬自身が元気に長生きできるように飼い主自身が意識して努めていくことが望ましいと言えるでしょう。

「変形性骨関節症」になりやすい犬種

  • ゴールデン・レトリーバー
  • ラブラドール・レトリーバー
  • 大型犬種