レッグ・ペルテス病の症状や原因、治療法について

レッグ・ぺルテス病は、「レッグ・パーセス病」とも呼ばれる病気です。

この病気は、太ももの骨の先端にある大腿骨頭への血流が不足し、骨が壊死してしまう状態の病気です。はっきりとした発症原因は不明ですが、かかりやすい犬種が挙げられていることから遺伝性がある病気と考えられています。

症状としては足を引きずる・足をかばう・足を痛がるなどが見られます。
多くの場合片足に起こりますが、両足に起こることもあります。好発犬種は、トイプードルやミニチュアピンシャーなどの小型犬です。体重が10kg未満の小柄な犬によく見られます。発症年齢は3~13ヶ月の成長期で中でも6~7か月ごろの発症が多い病気です。

進行性の病気のため、一度発症すると病気の進行は止まりません。治療により進行を遅らせる・症状を和らげることはできますが、最終的には外科手術と長期のリハビリが必要になります。
愛犬が好発犬種・好発年齢に当てはまる場合には、歩行の状態をチェックするようにし、少しでも異変を感じたらすぐに動物病院へ受診するようにしましょう。

【症状】

足をひきずる・足をかばう・痛がるなど、歩行に異常が出る

レッグ・ぺルテス病の症状は、足を引きずる・足をかばうような歩き方、足に力が入らない、足を痛がるなど、歩行に異常が出ます。

股関節周囲に痛みを感じる犬のいるようで、足を触られるのを嫌がる様子も見られます。飼い主からみて「最近歩き方がおかしくなった」と感じるように、症状が徐々に表れることもあれば、球に症状が出るケースもあります。
ほとんどの場合、片足だけに発症するので発症していない足では普通に動かせます。そのため、突然歩かなくなるというよりは「ビッコ」を引くように見られます。
稀に両足に症状が出ることもあるため注意が必要です。

歩行異常のほかには、股関節周囲の関節痛・過敏症、食欲の低下が見られます。股関節に触られるのを嫌がるのも股関節の関節痛・過敏症によるものです。頻繁に股関節や足を気にする様子が見られることもあります。
発症は小型犬、好発年齢は6~7ヶ月の成長期に多く見られます。小型犬を飼っている場合、犬種・年齢の確認を行い、成長期の子犬であればレッグ・ペルテス病の可能性も念頭に置き注意して観察していく必要があります。

【原因】

正確な原因は不明だが遺伝的要素が強いと考えられている

レッグ・ペルテス病は、大腿骨頭への血流が不足することにより大腿骨頭が壊死してしまう病気ですが、なぜ血流の不足が起きるのかはわかっておらず、正確な発症原因は不明です。
しかし、小型犬の特定の犬種での発症が多いことから、遺伝的要素が強い病気と考えられています。
さらに遺伝的な要素に加え、外傷や内分泌の異常、炎症や栄養バランスの乱れ、循環異常などの何らかの異常が複合的に起こり発症するのではないかと考えられています。
【薬・治療】

鎮痛剤の投与などの内科治療と外科手術による治療を行う

レッグ・ぺルテス病は進行性の病気のため、最初は内科治療で症状を抑えていても最終的には外科手術を行います。症状が軽い場合は、運動制限を行う「安静治療」や鎮痛剤の投与などの内科的な治療を行います。

これらは症状を一時的に抑えるためであり、病気自体の進行を止めることはできません。病気が進行していくと外科手術が必要になります。
外科手術では、壊死した大腿骨頭の切除を行います。
術後は長期のリハビリが必要なので、犬も飼い主にも根気が求められます。

【予防策】

予防は難しい。日々の観察で早期発見と初期段階での治療開始を

正確な発症原因がわかっていないため予防が難しい病気です。
小型犬で発症しやすい犬種もある程度は特定されているため、特定犬種を飼っている場合は毎日の散歩などで歩き方をよく観察しましょう。

好発年齢は6~7ヶ月ですが、発症年齢は3~13ヶ月と幅広いため好発年齢を過ぎても注意が必要です。
初期段階では発見が難しいですが、歩き方に少しでも異常が見られた時には動物病院を受診しましょう。遺伝的な要因が強いため、両親の病歴などがより注意を払いやすくなります。

「レッグ・ペルテス病」になりやすい犬種

  • トイプードル
  • マンチェスターテリア
  • ミニチュアピンシャー
  • ウェストハイランドワイトテリア
  • レイクランドテリア