ネフローゼ症候群の症状や原因、治療法について

ネフローゼ症候群は、高度のたんぱく尿により血中のたんぱく濃度が極端に低下した状態を指す、腎臓症候群の総称です。

腎臓の機能の単位である「ネフロン」の中には糸球体と呼ばれる血管の塊がありますが、ここが機能不全になると血液の正常なろ過ができなくなります。その結果、本来は遮断されるはずの血中たんぱく質が尿中に漏れ出し、高たんぱく尿を発症します。

同時に低たんぱく血症・血中コレステロールの上昇が起こります。原因は、様々あり見た目での原因特定は難しい病気です。糸球体の機能不全を招くすべての病気がネフローゼ症候群の原因となるため、治療はそれらの基礎疾患の治療を行うことになります。

また、発症しやすい犬種があるため遺伝性もあると考えられています。
なぜ特定犬種での発症差があるかという点は明確ではありません。症状は、全身のむくみやお腹の膨らみ、元気がないなどがあります。
初期は見た目での症状がほとんど見られず、病気が進行すると尿毒症や腎不全へと発展します。進行する前に早期発見による早期治療開始が重要です。

【症状】

むくみやお腹の膨らみが起こる。初期は症状がないこともある

ネフローゼ症候群の症状は、全身のむくみやお腹の膨らみ、ぐったりする様子、元気がない、食欲がないなどが見られます。
これは血液のろ過が正常に行わられなくなって事による水分の異常な移動によるものです。
血管の外部・内部の浸透圧バランスが崩れるため体内の水分のバランスも崩れてしまうので水分の異常な移動が起こります。初期の段階では見た目での症状の確認ができないことがあります。

尿検査をすると高たんぱく尿、低たんぱく血症、血中コレステロールの上昇が確認できます。これらが確認できた時には、ある程度病気が進行している状態です。また、血液が固まりやすくなるため、様々なところで決選ができやすくなります。全身の抵抗力・免疫力が低下するため、様々な感染症や病気にかかりやすくなります。

ネフローゼ症候群が進行すると尿毒症や腎不全へと発展し排尿障害が起こります。
全身のむくみや元気がない様子が見られた時には早めに獣医師の診断を受けましょう。

【原因】

ネフローゼ症候群を引き起こす基礎疾患と遺伝の二つが原因

ネフローゼ症候群の原因は大きく二つあると考えられています。まずは、ネフローゼ症候群の原因となる基礎疾患です。
血液から老廃物を濾しとっている糸球体の機能不全を招くすべての病気がネフローゼ症候群の原因となります。

原因となる病気には急性糸球体腎炎、糖尿病、白血病、心不全、薬物などによる中毒、免疫疾患、ウイルス感染、代謝異常などにより腎障害などがあげられます。
次に遺伝による発症です。発症しやすい犬種があるため、遺伝による発症が関係していると考えられています。

【薬・治療】

出現している症状への対症療法と原因疾患の治療を両方行う。

まずは、ネフローゼ症候群を引き起こしている原因の疾患を治療します。そのためには何の疾患が原因なのかを特定する必要があります。

同時進行で出現している症状への対症療法を行います。症状に応じてナトリウムやたんぱく質を低下させる処方食や血管拡張剤や利尿剤の使用で治療していきます。
血栓閉塞性疾患の恐れもあるため、必要に応じて運動制限を行ったり安静の指示が出ることもあります。

また、高たんぱくの食事は糸球体への負担を増やすため低たんぱく食への移行を勧められることもあります。

【予防策】

予防は難しい。艇的な健康診断や尿検査で早期発見を心がける

様々な病気が原因となりうるため、予防が難しい病気です。初期段階での症状は確認しにくいですが、進行していくと重症化するため早期発見が何よりも大切です。
定期的な健康診断医や尿検査により、たんぱくの状態を確認することで早期発見ができるようにしておきましょう。

また、遺伝により発症しやすいとされている犬種は、獣医師と相談し低たんぱく質の食事を取り入れることも予防の一つと言えるでしょう。
その際には、低たんぱく食への移行が必要かどうかを必ず相談するようにしましょう。

「ネフローゼ症候群」になりやすい犬種

  • ゴールデンレトリバー
  • ミニチュアシュナウザー
  • ロングヘアーのミニチュアダックスフンド
  • ビーグル
  • コリー