アトピーの症状や原因、治療法について

アトピーは犬の病気でもあります。

皮膚のバリア機能が低下してアレルゲンが体内に入ることによって引き起こされることが多いです。

【症状】

1歳から3歳の時によく発症し、季節によって症状の出方が異なります。

主な引き起こされる症状としてあるのが、犬の場合は足首、指の間、腋の下、鼠蹊部、下腹部、目の周り、耳、肛門しの周辺などに皮膚炎があらわれます。
具体的には患部が乾燥したり、ただれたり、痒みが発生したり、慢性的な外耳炎や結膜炎が引き起こされます。
1歳から3歳の時によく発症すると言われており、季節によって症状の出方が異なり、そのまま放置することによって通年性になることが多いです。
【原因】

皮膚のバリア機能が低下して炎症が起こります。

そもそもアトピーになる原因ですが、何かしらの理由によって皮膚のバリア機能が低下しますと異物防御のための角質層や異物侵入を防ぐ角質細胞間脂質の結びつきが弱くなり、さらに乾燥してしまうと異物が入り込みやすくなり炎症を起こしてしまいます。
そして体内にアレルゲンが侵入して、これを除去するために身体が過剰に反応してしまうのがアレルギーになります。

アレルゲンはダニ、埃、花粉、化学薬品等になりまして、これらとの接触によって発症しやすくなります。
また特定の犬種によっては遺伝でアトピーに罹りやすい場合があります。

【薬・治療】

犬の病気であるアトピーの治療法ですが、いくつかあります。

基本的にアトピーを治療していく時は対処療法から始まりますので、現時点での皮膚炎の症状を治療していきます。
そこから本格的に治療していきますが、基本的に炎症を軽減させるために抗ヒスタミン薬やステロイドといった薬を投与します。
少量のアレルゲンを投与して身体を慣れさせる減感作やブドウ球菌の異常増殖が見られるため抗生物質を投与して皮膚の細菌を変化させるといった方法もあります。

薬を投与すると副作用も出てしまいますので漢方薬を用いたり、リノール酸やリノレン酸やエイコサスペンタエン酸といった脂肪酸を摂り入れてアラキドン酸の生成を抑制する方法もあります。

またアレルゲンや皮膚バリアの低下が原因になりますので生活環境を変えてあげるのも大切です。
アレルゲンをできるだけ除去したり、保湿剤や専用のシャンプーを使ってあげたり、目に見えない身体に悪い物質を取り除いてあげたりと生活から改善させる方法もあります。

このように犬の病気であっても人間が治療する場合とほとんど変わらず、原因を取り除いてあげるためにも生活環境から変えてあげることも大切となっています。
困った時はすぐに獣医さんに相談して、しっかりとした方法で治していってあげましょう。

「アトピー」になりやすい犬種

  • 柴犬
  • シーズー
  • シェットランドシープドッグ
  • ゴールデン・レトリーバー
  • ララブラドールレトリーバー
  • ウェストハイランドホワイテリア
  • 生後6ヶ月から3才くらいまでの若い犬