動物看護士になりたいあなたへ

どうぶつノートコラム

動物病院で働く看護士さん

動物病院で働く看護士さんは資格がなくてもなれますが、
いつでもだれでもなれるわけではありません。
ただ、年齢や性別に関係なく動物病院が「ほしい」と
思ってもらえれば働くことができるのです。

基本的に個人経営で小規模な動物病院が多いので
病院側も就職希望者に対して慣れていませんし、
採用の条件もさまざまであると思います。

ただ、共通して言えることは「ひとがら」と「タイミング」が大事
ということでしょうか。

病院側も長く働いてほしいわけですから
「ひとがら」は気になります。
ストレスなく、スムーズに診療できるかどうかは
看護士さんの存在が非常に大きいです。

ですから、ペッを通院させていた方が病院で仲良くなり
そのままお手伝いをするという話もあります。

動物病院求人への応募タイミング

「タイミング」は病院側がほしいと思った時に話ができるかです。
たとえば、
・ベテランの看護士さんがやめることが決まっていた。
・看護士さんの数が足りていない。
・看護士さんの妊娠・出産が近かった。
・病院の希望を拡張する予定があった。
というようなタイミングで「ここで働きたいんですけど」と言えば
病院側も大喜びです。

動物病院で働くときの経験や知識

経験や知識はそれほど重要ではありません。
逆にこれらは邪魔になることもあります。
各動物病院にそれぞれやり方があり、ほかの経験や知識がないほうが
素直に受け入れてもらえるため喜ばれることもあります。

情熱をもって「動物好き」を伝えることができれば
きっと受け入れてもらえることでしょう。

動物病院の求人についてはこちら

DOUBUTSUNOTE.COM