動物病院の料金について

どうぶつノートコラム

動物病院でかかるの料金には初診料、診察料、処置料、手術代、入院費などいくつかあります。

ペットを飼っていれば少なからず動物病院にお世話になります。
ワクチン接種、ケガや病気で駆け込むことも。
そこで気になるのが料金ではないでしょうか。

これらの料金は全国一律で決まっているわけではありません。
それぞれの動物病院で自由に決めることができるシステムになっているため、獣医師会に属していることでも料金が違い、処方される薬の料金でさえも近所の動物病院で料金が異なってきます。

【初診・診察料・治療費などの料金】

はじめて診察を受ける時の初診料は1,000円~2,000円ほど、2度目からの再診料については500円~1,000円ほどが多いようです。
※なかには、初診料500円というところもありますが、対応は他と変わりないようです。
※夜間・時間外の診察料は5,000円など料金はずいぶん上がってしまいます。

【その他の動物病院の料金】

  • 狂犬病予防接種:2,000~5,000円
  • 避妊手術:18,000~50,000円(平均25,000円ほど)
  • 去勢手術:10,000~40,000円(平均16,000円ほど)
  • 3種混合ワクチン:3,500~6,000円(平均4,500円ほど)
  • 5種混合ワクチン:5,000~9,000円(平均7,000円ほど)
  • 8種混合ワクチン:8,000~12,000円(平均8,500円ほど)

混合ワクチン
日本では5種~8種のワクチンを毎年接種することが多いようです。
選択するワクチンは、その子の個体や生活環境を考えて選ぶ必要があります。
毎年打つべきなのか、どのワクチンを接種すればいいのか、
信頼できる獣医師に相談して決めることが大切です。

【動物病院の料金について】

動物病院の料金は病院によって違う気がするんだけど。。。
どうやって決められているのだろう。
と思った方も多いのではないでしょうか。

動物病院といっても、対応できる動物の種類も難易度もさまざまです。
年齢や必要になる検査項目、動物の個体差もあるので一律料金を設定することは難しいのが現状です。
料金の基準があればみなさん安心して受診できるのですが、
独占禁止法によって基準料金を作ることを禁止しているため、法律面からも基準を作ることは難しいようです。

また、動物病院の場合は私たちのように公的な医療保険制度はありません。
ですので動物病院にいって「3割負担でよかった」なんてことはありません。
全額負担ですね。

不安な場合はペットの保険など検討してみてもいいかもしれませんね。






DOUBUTSUNOTE.COM